そろばん

動画を見る

写真解説

そろばんの説明画像1
そろばんは計算の道具です。たくさんの子どもたちがそろばんを習っています。じょうずになると、とても早く計算することができます。
そろばんの説明画像2
まず、そろばんに数を入れてみましょう。これが「0」です。
そろばんの説明画像3
黒いしるしのところが「一のくらい」です。「一のくらい」は、1から9までです。
そろばんの説明画像4
これが「1」です。
そろばんの説明画像5
これが「2」です。
そろばんの説明画像6
「5」は上の玉1つです。
そろばんの説明画像7
これが「6」です。
そろばんの説明画像8
これが「7」です。
そろばんの説明画像9
「10」は「一のくらい」の玉を「0」にして、「十のくらい」を「1」にします。
そろばんの説明画像10
これが「20」です。
そろばんの説明画像11
これが「100」です。
そろばんの説明画像12
それでは計算してみましょう。「たし算」をします。「1+1+1+1+5=」 下の玉を足すときは、親指を使います。
そろばんの説明画像13
5を足すときは、人さし指を使います。答えは9です。
そろばんの説明画像14
「ひき算」をします。「9-5-4=」 引くときは、人さし指を使います。
そろばんの説明画像15
答えは0です。
そろばんの説明画像16
そろばんをするときに一番大事なのはしせいをよくすることです。いすをひいてすわりましょう。